愉快な写真館  TOPページ愉快な写真館メニュー      
散歩中に見かけた昆虫や虫の写真集
オオシオカラトンボ   オオシオカラトンボ
シオカラトンボ ムギワラトンボ
 シオカラトンボ(雄)    シオカラトンボの雌でいわゆる「ムギワラトンボ
コシアキトンボの雌 コシアキトンボの雄
コシアキトンボ (腰の部分が空いているようだから呼ばれる、左が雄で右が雌)
赤トンボ   赤とんぼ

赤トンボ
あかとんぼは、体色の赤いトンボの総称。素人には種類の区別が難しい。写真はナツアカネでしょうか?
赤とんぼ   交尾中の赤とんぼ
ニイニイゼミ   ニイニイゼミ

小柄で一番早く鳴きだします。
ウエルシア前の桜並木で多く鳴いてます。
松尾芭蕉の「奥の細道」の中で有名な俳句「閑さや岩にしみいる蝉の声」は山形市の立石寺という山寺で詠まれ、時期などから「蝉」とはニイニイゼミであるとされている。かつて斎藤茂吉らが論争し、実際に同じ時期に寺に出向いてニイニイゼミであることを確認している。
成虫の体長は20-24mm
アブラゼミ   アブラゼミの交尾
アブラゼミ  成虫の体長は 56-60mm  写真右は交尾中
ミンミンゼミ   ミンミンゼミ

成虫の体長は33-36mm
最近はアブラゼミより目立って鳴いてます
ツクツクボウシ   ツクツクボウシ

成虫の体長は30mm前後で、オスの方が腹部が長い分メスより大きい
一番最後に鳴き出します。浮間北公園で確認。
コガネムシ   コガネムシの幼虫
コガネムシ (写真右はコガネムシの幼虫)
トノサマバッタ   オンブバッタ
 トノサマバッタ  褐色型のほか、緑色型もいる    オンブバッタ
アゲハチョウ   キアゲハ
 アゲハチョウ    キアゲハ
アオスジアゲハ   キタキチョウ(キチョウ)
 アオスジアゲハ    キタキチョウ(キチョウ)
ツマグロヒョウモン   シジミチョウ
 ツマグロヒョウモン    シジミチョウ
モンキチョウ   モンキチョウ
モンキチョウの交尾
ホタルガ   ハエ?
 ホタルガ    ハエ?ですか 5ミリほどできれいな色をしてます
ナナホシテントウ   ナミテントウ
 ナナホシテントウ    ナミテントウ
カマキリ   カマキリ
 カマキリ
ニホンミツバチ   ニホンミツバチ
ニホンミツバチ(浮闌園内、左写真の桜の木の穴)
ジョロウグモ   名前知らず
 ジョロウグモ(女郎蜘蛛)    キマダラカメムシ (右が成虫で左は幼虫)
トカゲ   ヤモリ
 トカゲ    ヤモリ

↑先頭へ