イチリンソウ(一輪草)自生地 川口市指定文化財  川口市安行原2269−1
イチリンソウ(一輪草)
spacer
イチリンソウ群生
spacer
赤堀用水ふるさとの森spacer
群生地は上の写真を斜面に沿って右方向へ曲がり50mほど行ったところにある。右の写真は、群生地へ向かう途中に咲く「ハナイカダ」。葉の中央に花を咲かせ、実を付けるおもしろい植物である。葉を筏(いかだ)に見立て、その上に乗る花や実を筏の上に乗る人に見立てたもので 、雄株では葉の上に多数の雄花ができるが(写真右上)、雌株では多くは1つの花しか付かない(写真右下)、換わりに実がなる(写真下の)。
似た花に二輪草があります。こちらは板橋区の花で、赤塚公園大門地区に自生地があります。二つ並べて一番下に載ってます。
【一輪草自生地に立つ解説板を写す】
川口市指定天然記念物
安行原イチリンソウ自生地
                平成14年3月22日指定
イチリンソウ(一輪草)は、本州・四国・九州の山裾の草地などに生育するキンポウゲ科の多年生の草本です。根茎は、細長く白色を呈しており、地中を横に這い、茎は、根茎の上部から伸びます。葉は、複葉で三方に大きく分かれ、成長の過程で放射状に2回分裂します。
花は、両生花で花弁(花びら)は退化し、表面が白色から薄紅色を呈する五片の萼(がく)が花弁状に広がっています。この萼は、毎日開閉する度に大きくなり、最大で直径5cmほどになります。また、蕊(しべ)は、複数の雄蕊と雌蕊からなっていることから多芯皮と呼ばれ、原始的な構造をしています。
通常、3月中旬に葉が伸び始め、4月中旬から下旬にかけて開花し、5月下旬には地上部分は枯れて地下茎は休眠期に入ります。
かつては県内各地に広く分布していましたが、現在はその数が減少し、「埼玉県準絶滅危惧種」に分類されています。この指定地は、県東部における数少ない自生地のひとつです。      川口市教育委員会
spacer
イチリンソウ場所
spacer
ハナイカダ雄の花
spacer
ハナイカダ雌の花

トンボ池 木道 ハナイカダの実
トンボ池、初夏にはホタルが放される 木道が長く続く遊歩道 上からハナイカダの雄花、雌花、実
spacer
一輪草 二輪草
一輪草(左)と二輪草(右)、花の大きさは一輪草の方が大きいです。葉の形も違ってます。
spacer

↑先頭へ